復活祭のおはなし

img_0 (1)

 

「恋はいつか覚める。だって?!」

今日はスウと復活祭についての本を読むつもりだった。
大事な人と読むのだから、恋について書かれた本を選んだつもりだった。
なのに、この衝撃的な文章。

スウは、とうがらしと同じ背丈の小さな女の子だった。

伯爵は、気の遠くなるほど昔に
死ねない体になってしまった悲しい錬金術師だった。

「幻滅したよ。
恋は冷めたりしないものなんだ。
バイオリズムがあるだけなんだ。

満足するまで炎のように燃え上がって、気がすむと静の時がおとずれる。穏やかに。
そしてしばらくするとまた炎のように燃え上がる。それの繰り返し。
恋は循環。恋は循環なんだ。」

なんのためらいもなく本を、ぽん、と暖炉に投げ込んだその断末魔を、
スウは、うさぎのような赤くて透きとおった目を通し、なすすべなく見つめていた。

その本は、刹那的な恋に浮かれる若者たちがいかに思慮にかけているか、
そして、キリストの愛がいかに真実かを、復活の日のお祝いに起こった出来事に
なぞらえて、とくとくと綴られた内容だったのだ。

美しい装丁と、魅力的な挿絵がいけなかったのだ。
内容は楽しみにしておこうと、後から二人で読むときにとっておこうとしたのが
いけなかったのだ!

「それなのに、静の時がおとずれたとき、
それが恋が覚めたと勘違いして最も残酷な結末を選択する人々がいる。

でもそれは、まだましな方で、「恋が愛に変わった」だなんて言い出す奴は
救いようがない!

愛のどこが恋より良いっていうんだ?
自己犠牲精神と、我慢と痛み。それが尊いものだって?!
二人共が頭の先から足の先まで満たされれる幸福感よりも、
やせ細ってしまうまで与え続けるものが良いものだって?!

馬鹿じゃないか。ねえ。」

馬鹿じゃないかと言われても、スウには、そうねえと言ったらいいのか、
違うわと言ったらいいのかがわからなかった。
伯爵が今まで、一体どんな気持ちで恋に落ちてきたのかわからなかったからだ。

「スウはこんな言葉が入っている歌がすき?」

たしかにそんな歌は多いような気がした。
みんなそんな言葉を聞いて感動するのだ。

「ちっともすきじゃない。」

「ひどい世の中だよ。こんな傷付く嘘が蔓延してるんだから。
千年経ったって、消えるものではないんだよ、恋は。
同じなのに。同じなのに。変わらないのに。

相手が居なくなる。
だから、想いの行き場がなくなる。なすすべがなくなって
ただ、諦めるんだ。しかたなく、諦めるんだよ。」

ろうそくの火がかげると紺色を帯びてくる透きとおった青い瞳を見つめていると、
その深さに吸い込まれそうだ。

一瞬で、かかえているもの、そこにあるもの、うごかしているもの、
スウは、言葉にできない伯爵の持つ何かに同調した気がした。

「そしてもう二度と傷つきたくなくって、心を閉ざす。

何十年も、何百年もね。
傷がなおると、うっかりまた恋に落ちるんだ。
その繰り返し。

循環。循環。呪いだよ。」

「ごめんね。」

あつくなった心のしんから涙がにじみ出た。
それは、どうにも救ってあげられないはがゆい、はがゆい、思いと悲しみと愛しみだった。

「…だから、戻りたいんだ。
普通の体に戻りたい。一緒に歳をとりたい。

そうなりたいんだ。…心から。」

「…うん。」

伯爵が、ある錬金書を探していること、それは前に聞いた。
ふつうの体に戻りたがってることも。
でも、どうして戻りたがっているのか、その理由はわからなかった。
きっと、スウにはわからない難しい気持ちがあるんだわと、そう思っていた。

だけど、今夜、何十年、何百年、何千年、もしかしたら何万年、
体に抱えきれないくらい、あふれるくらい、
切望してきた、還りたいという望みが、
本当にあるがままの自然のかたちになるのだということが、
小さなスウにも理解できたような気がした。

もう投げ込まれた本は影も形もなく、暖炉の火は明明と燃え続けていた。

「さて、さしあたって今日は幸福になろうか。」

伯爵がベルを鳴らすと、ゴーレムが水差しを持って部屋へ入ってきた。

「何か、鍵を、そのための言葉を考えてくれる?」

「……。」

水差しをかけられて暖炉を火は消え、ろうそくの明かり一つが残された。

しゅうしゅうなっているのは暖炉ではなく、スウの頭だった。

「やさしすぎるからといって嫌ったりしない。
ひとと違うからといって気味悪がったりしない。
もちろん大きさもどうだっていい。

ただ、ずっとすき。悲しがってたら…頭なでたい。
悲しい気持ち…軽くしてあげたい。痛いのも……なおしてあげたいよ。」

「君がお腹をすかせていたら、たっぷり食べさせてあげたい。
君が望むものがあったら、与えてあげたい。」

伯爵が付け加えて言った。

「起きたら何が食べたい?」

「…とうがらしいりタルト」

「なら、とうがらしいりタルトをたっぷり、
ななかまどジュースと驢馬のミルクつきで用意しようね。
さあ、おやすみなさい。」

不思議なことにその魔法の言葉を聞くと、
さっきまでの悲しい気持ちがすうっ、となおり、
目を閉じ、おねむと友達になってもいいわ、という気分になれた。

大人がよくやるように、
眠ってしまった子供の後に一人起きていて、悲しみを残してるだなんて
馬鹿な真似はまっぴらだった。

恋人の寝顔を眺めながら深刻な悩みで頭を働かせるだなんて、
さらに、もっと、もってのほかだった。

スウが嫌いにならないでいてくれるなら、それで幸福だと思った。

今は、救われているんだと思えた。
子供が眠りにつくときの、物語の終わりのように。

「六時には起きて、とうがらしを、じょうずにつぶそうかな。
厨房の、ごついゴーレムたちに、繊細な料理はムリだからね…。さてさて。」

 

 

 

LACLEF

 

広告